YOUR STYLE 素敵に暮らしたい

日々の暮らしを自分らしく笑顔で過ごせるように♡

本の変遷〜心のあり方

初めて自己啓発本のようなものを

買ったのは、23才の時でした。

なんとなく、

立ち寄った古本屋さんで

見つけたのは、

“ 自分のための人生”

という本でした。


自分自身を深く見つめたり、

考えるようになり、

誰からも教えてもらう事のなかった、

思考や生き方、人生そのものなどを

この本から、

学べたように思います。



その後、結婚してから、

悩みや苦しみが多くなり、


体に変調が起きたのは、

30代前半だったと思います。

毎日、胃がムカムカし、

薬を飲んでも、

吐き気がおさまらない、

ひどい腹痛と下痢。

子供が帰ってくるまで、

毎日、寝込んでいました。


大学病院に行って、

胃カメラなどの検査をしても

異常なしで、

全く原因がわかりませんでした。


そんな状態が10年近く続いていました。


ある時、子供がお世話になっている

小児科の先生に、


「もう何年も、

ずっと具合が悪くて、

少し良くなっても、

またひどくなってしまう」

という話をしたら、


「何かストレスはありますか?」って、

聞かれました。


「もちろん、

ストレスはあるけど、

今までの人生にもストレスはあったし、

普通に生活してこれました」と

先生に言ったんですよね。


少し時間をおいてから、

先生が優しい表情で、

これは、

過敏性腸症候群(IBS)で、

ストレスからくるものだと、

話してくれました。


その時は頑なに、

自分はそんなストレスで

体調が悪くなるほど、

弱い人間ではないと思って…。


でも、

ゆっくり考えてみたら、

それはそれは、

今までの人生では経験したことのない、

強度のストレスを受けていたんだと

ようやく気付きました。


その当時、

すがる思いで読んでいたのが、

美輪明宏さんの本です。

内容の全てに、

共感した訳ではありませんが、

心が救われたのは確かです。

今も大切に置いてあります。




そして、

今は子供たちも成長し、

母ちゃんの苦しみを、

わかってもらえるようになり、

健康な心と身体に戻ることができました⤴︎


すべて、

子供達からの愛✨のおかげです。



読む本も、

今はシンプルライフ系などに

変わってきました ♪



本は、

その時の

自分の心のあり方を、

映し出したりするもんですね ♡